<< お皿まで | main | のぞにぃぃ〜 >>

きみの秋がさみしくないよう

0
    秋だね。

    夕方になると、頬にあたる涼しい風と陽の落ちる早さが…想いにズドンと響く。

    きみの大好きな動物たちと、自然の変化を感じながら。
    きみは穏やかに秋の訪れを見つめられているのかな?

    色んな思いや気持ちを乗り越えて。
    今ここに残ってるのは、紛れもなく愛だけ。

    仕事は頑張っていますか?
    今日も笑えることありましたか?

    変わらずきみの大事な人を愛していますか?

    どんなことがあっても。
    季節が過ぎても。

    きみを忘れることはぼくにはできない。
    きみを心から追い出すことも、無かったことにすることも、ぼくにはできない。

    そういうこと。
    そういうかたち。

    きみがね。
    笑っていてくれたら良いなと思ってる。
    今日も、この先も。

    楽しいことを楽しいって言えるよう。
    がんばらなくても生きていられるよう。

    ありのままのきみで、いられる人がそばにいてくれて。

    わかってくれて。

    大好きな人を応援して、きみを大切に赦してくれる人がいてくれて。
    きみが、穏やかに笑っていられること…それがぼくの幸せ。

    とおく、とおく、離れても。

    きみが大好きと、ありがとう。
    変わらない。
    それだけは何も。

    今日のシャッフルがね?
    HungrySpider→声→花→イチオクノホシ
    だったんだ。
    泣きそうな空を思わず見上げた。

    秋って、ちょっと苦しいね。
    でも笑えてるよ?

    涙も笑顔に変えたから。
    ぎゅって心を噛んで、前に歩いてる。

    秋の訪れが、きみを淋しくさせていませんように。

    ずっと、ずっと、だいすきだよ。

    きみに恥ずかしくない、ぼくになる。
    その時に、いつかまた。
    posted by: naopi | 日々是 | 21:31 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 21:31 | - | - |
      コメント
       









      トラックバック
       
      http://satoshinohiza.jugem.jp/trackback/589