<< ジャケ写良い! | main | きのこー >>

君の名は。

0
    今日は娘が秋休み、もともと休みを貰っていたので『君の名は。』を観てきました。

    とても、とても美しい映像。
    時空間の切ないファンタジー。
    言い尽くせぬ感動をもらいました。

    けれどそれよりも。

    わたし、頭おかしくなっちゃったのかな。
    シンクロ、シンクロ、シンクロ。
    一瞬、映画を観てる私がまた、映画のような不思議な感覚に陥り。

    見慣れた景色。
    見慣れた街並み。
    互いがそれぞれ別々に濃い時間を過ごしたよく知ってる場所。

    なのに、何も知らない。
    君は誰?
    君の名は?
    どこに行けば、会えるの?
    かすかな手がかりを頼りに、探しに行く。
    すれ違う、すれ違う。
    同じ街で何度もすれ違う。
    顔が分からない、名前も知らない。
    なのに同じ街で何度もすれ違う。
    きっと、何度もすれ違ってるはずなのに。

    覚えてる確かにあった心の触れ合い。
    共に語り合った記憶。
    たしかにそこにいた存在。

    それなのに。
    もしかして全部、幻だったの?
    夢の世界の出来事だったの?

    スクリーンに入り込んだように。
    不思議な感覚に身がとらわれてゆく。

    何故、今、この映画を。
    この場所が舞台?
    私は、夢の中でこの映画を観ているのか?

    一瞬ほんとに、頭おかしくなったのかと思った。
    気が触れたのかと思った。

    ごめんなさい、意味不明なことばかりで。

    映画の中にもこのセリフ。
    何度も何度も。

    君の名は?
    君は誰なの?
    君は、どこから来たの?
    どこにいるの?
    ほんとにいるの?

    どうして?何故?
    私はこの映画を観てるんだろう。

    時間や時空はからくりのよう。
    時間は糸。
    からまって解けて、またからまって。

    組紐にたとえられた、彼らのその不可思議な時空間は、完全に私の中の何かとシンクロした。

    君といた現実が消えていっても。
    君がいた心は消えない。

    心も想いも、時間や時空を超えて繋がっている。
    君がいつかたとえたメビウスの輪。

    そう思ったら、まだ終わりじゃないと思えた。

    神木くんの声が、素晴らしいですね。

    確かにあった心の記憶、体に刻まれた想いを、ありがとう。
    ほんとに、素敵な映画でした。

    なんのこっちゃ分からなくてごめんなさい。
    読み流してね。

    ぽちっと応援おねがいします。
    いつもありがとう。


    posted by: naopi | 日々是 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 20:36 | - | - |
      コメント
       









      トラックバック
       
      http://satoshinohiza.jugem.jp/trackback/599