<< 噛み締めながら | main | 智くんの夢は >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    軌跡

    0
      さとらじ。

      22歳の頃の智くんの声が聴けましたね。

      自分でも言ってたけど、基本的に声は変わってない。

      そして。
      なんか焦ってたな…って。
      時間詰めなきゃとか。

      若いときは焦って、時間いっぱいに詰めなきゃとかちゃんと話さなきゃとかあって、結果的に中身のないトークになってたりしたけど。

      いつか自分の中でなにか、吹っ切れた時があった。
      プライベート語る場所はここしかないから。
      なんでも話しちゃおうと。

      なんにも話すことがない時も、やってみると良かったり。
      かえって準備した時のほうがあまり面白くなかったり。

      栗原さんも言ってましたね。
      30歳を過ぎた頃からの大ちゃん、この人がラジオをやってくれてることが本当に頼もしいと思った瞬間があって。

      それが14年半の軌跡なのだ。

      どんなことも。
      始まりがあって、苦しい道も楽しい道もありそして、超えた先に今と未来がある。

      そんなことを智くんから教えてもらった気がしました。

      またあらためて。
      大野智さんを、心から尊敬します。

      笑い声が愛しい。
      この笑い声…
      たまらない。

      だいすきだ。

      今日も素敵な一日になりますように。

      ぽちっと応援おねがいします。

      いつもありがとう。






      posted by: naopi | 大野智 | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |

      スポンサーサイト

      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 07:30 | - | - |
        コメント
         









        トラックバック
         
        http://satoshinohiza.jugem.jp/trackback/725