<< 軌跡 | main | 感謝が足りないと >>

智くんの夢は

0
    さとらじ。

    大ちゃんの夢はなんですか?!

    ずっと…夢を見ているみたい。
    街で自分の看板を見れば未だに恥ずかしく目を背ける。

    ただ、感謝している。
    この世界になんとなく入って。
    でもやりたいことをやらせてもらって。

    栗原さんが。
    智くんの才能を見出した人、社長?は…
    大きな高級魚を釣ったような感じと。

    そうなのかな?
    口じゃなく、エラか何かに引っかかったのかな?と智くん。

    栗原さんの締めが温かかった。

    おおよそ、智くんならこんな風に答えてくれるだろうという予想のもとの質問で。
    この噛み合わない感じが智くんらしく嬉しいと。

    たくさん、たくさん、照れ笑いをしていた今日の智くん。

    一番の夢といえば、長年叶っていない栗原さんと銀座に飲みに行くこと、かな。

    Twitterでもたくさんの、悲しみの声を目にします。
    他の手段はないのかと。

    すごく気持ちは分かるけれど。

    智くんの新しいこれからを応援したい。
    たとえ、もうプライベートを聴く手段がなくても。

    初めがあれば終わりが来る。
    ずっと永遠なんてものはこの世には存在しない。
    それでも、目の前に起きることを受け入れていくしかないと、あらためて智くんから教えてもらい。

    きっと未来は明るく…
    大人になった智くんを見て、皆で微笑んでいる。

    そう信じて。
    大野智第二章…
    その幕開けと信じて。

    さてさて。
    今日も頑張っていきましょう。

    ぽちっと応援おねがいします。

    いつもありがとう。








    posted by: naopi | 大野智 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 07:49 | - | - |
      コメント
       









      トラックバック
       
      http://satoshinohiza.jugem.jp/trackback/726