<< 感謝が足りないと | main | 14年半のありがとうと、またいつか >>

届けばいいと願っている

0
    さとらじ。

    自分の声を聴いて。
    今日も照れ臭そうにたくさん笑っていた智くん。

    NG音源集。
    今までも定期的にやってくれていたら良かったのにー。

    めちゃめちゃ萌えるじゃないか。
    ああほんとに、あと数日なんですね。

    なんだかやっぱり、しんみりしてしまいますね。

    一年前の今日。
    ちょうど今頃。

    パニックだった。
    電車を乗り間違え、発狂しそうだった。

    でもまだ、きっと繋がっていると信じていた。

    そして今日まで来て。
    まだこんなふうに。

    ずっとその身を案じそして今でも…
    いつか来る「いつか」を信じてる自分をバカだなと思う。

    思い出されることも。
    ずっと案じられることも。

    それが枷で。
    それがいちばんの恐怖だと。
    でももう今はわかる。

    忘れてくれたほうがずっと楽。
    自分も忘れたほうが楽。

    もともとリセットして、全て無かったことにできる場所にしか現れない。
    もとから誰も信じていない。

    そう思っているのだろうということも。

    それも全て。
    仕方がないよね。

    信じるということをやめたら。
    哀しみと自責しか残らず。

    もう誰も信じないと思っても。
    翌朝目が覚めたら。
    馬鹿な自分は今日起こることをまた、信じてしまうんだ。

    本当に馬鹿だと思いながら。
    この一年をなんとか越えてきた。

    いろんな人に助けてもらいながら。
    みんなそれぞれの人生を、ただ一生懸命生きていることに。
    奮い立たせられるように。

    元気ですか?
    今日は聞いてもいいですか?

    今日も元気ならそれでいいだなんて。
    本当は思えない自分も、分かっているけれど。

    それも生きてるって、ことだよね。

    私はここに生きてるよ。
    そしてずっと、呼び続けている。

    今日くらいは。
    もう一度精一杯の声を振り絞って。

    想いだけでも届けばいいと願ってる。

    posted by: naopi | 日々是 | 08:04 | comments(0) | trackbacks(0) |

    スポンサーサイト

    0
      posted by: スポンサードリンク | - | 08:04 | - | - |
      コメント
       









      トラックバック
       
      http://satoshinohiza.jugem.jp/trackback/728