スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

    ワガママ

    0
      今はどこにいるの?
      連絡しなくていいよ
      気になるのが趣味なのは自由でしょう?
      でもやっぱ 言いそびれた言葉は
      夜空には消えないみたい

      とどめた想いと 止まらない時間

      最後のワガママを内緒にしてるのは
      あなたは嘘さえつけない人だから

      優しさが二人を切り裂くよ

      (ワガママ Nissy 西島隆弘)
      posted by: naopi | 日々是 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) |

      PLEASURE

      0
        知らないことは恥ずかしくない
        分かり合えば痛みにならない
        あの日拒む僕を
        抱きしめて教えてくれただろう

        出ていく君にこの花を送るよ
        同じものはもう咲かないけど
        有難うのかわりにきみの
        願いを僕に叶えさせて

        簡単な挨拶もいえなくて
        それでも言葉を探している
        僕を笑わないで待っていたのは
        君が初めてだったんだ

        (PLEASURE 槇原敬之)

        posted by: naopi | 日々是 | 21:26 | comments(0) | trackbacks(0) |

        ひっしに。

        0
          少しずつ 少しずつ
          君から離れていこう

          君といられて僕は幸せで
          今更そんな言葉は
          旅立つ邪魔になるだけだ

          あげられるものを
          探してみるけど
          君はきっと
          君はいらないだろう

          少しずつ 少しずつ
          君のいらない僕になろう

          君が笑うと僕は嬉しくて
          今更そんな想い出は
          重い荷物になるだけだ

          気の利いた言葉探してみるけど
          君はきっと
          君はいらないだろう

          (君はいらないだろうな back number)

          なにもかもを、ときどきひていしてしまいたくなるよ。

          なにもかもから、ときどきひていされているようなきもちになるよ。

          なにもかもを、ときどきやめてしまいたくなるよ。

          だけどそれをひっしにがまんして。
          それをひっしにふりきって。
          がんばってわらってる。

          いつまでこうしていたらいいのか、とほうにくれるよ。

          だけどそれを。
          だけどそれを。
          ひっしに。
          ひっしに。

          きょうも、あしたもわらうんだ。




          posted by: naopi | 日々是 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) |

          ともだちのひがおわるまえに

          0
            きょうがおわるまえに。

            むかしも、いまも、これからも。

            たいせつなひとは、ずっとずっとかわらずたいせつ。

            たいせつなともだちとおもったひとは、ずっといまも、しあわせでいてほしいとおもってる。

            きょねんはあたりまえみたいに、ともだちのひのありがとうをつたえられたひとに、ことしはつたえられないことが、とてもくやしいです。

            まさか、らいねんつたえられないなんて、おもわなかったから。

            ことしはここからね。
            ぜったいみてくれてるとわかるから。

            ちからいっぱいつたえるよ。

            今もずっと、そしてこれからも大切に思っているよ。
            ほら、笑って。
            僕のとても大切な大切な友達。
            今一緒にいてくれる人たちも、皆。
            皆に、心からありがとう。
            posted by: naopi | 日々是 | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) |

            理由

            0
              誰かの幸せが自分の 幸せなんだと思って
              追い求めていたものなのに 諦めそうになるなんて

              何かを信じてゆく事は たやすいことじゃなかった
              僕が思うよりも ずっと ずっと 努力が必要なんだ

              そうわかった後でも まだ 諦めきれないのは

              自分で好きになれる 自分でいられるのは
              誇りをもってるような 自分でいられるのは
              悲しい心であろうと 何かを信じながら

              頑張ってる時だけ そのときだけだから

              自分を信じて頑張る 勝つと信じてむかっていく
              愛するあなたを信じてる 神様を信じてる

              それはすべてそこにあるのかも わからないようなものばかり
              僕が思うよりも 信じることは努力が必要なんだ

              それでも僕たちが まだ 諦められないのは

              自分で好きになれる 自分でいられるのは
              誇りをもってるような 自分でいられるのは
              悲しい心であろうと 何かを信じながら

              頑張ってる時だけ そのときだけだから

              これが多分きっと その理由だ

              (理由 槇原 敬之)

              posted by: naopi | 日々是 | 20:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

              しょうたい

              0
                ぼくがなにをあきらめられないのか。
                そのしょうたいがなんなのかわかったきがした。

                ぼくはきみのよわさも、きれいなこころもしってしまった。

                きみがよくなっていくことを、ともによくなっていくことを、ぼくはあきらめられないんだ。

                れいせいにかんがえたら、はらがたつことがいくつもあるのに。
                きがついたらきみがどうしたかったのか、きみにどうしてあげたらよかったか、そればかりかんがえてしまう。

                なんどうらぎられても。
                なんどいたんでも。
                なんどないても。
                ぼくはたぶん、ばかだけどおなじようにおもうんだろう。

                ぼくは、やりなおしがしたいとおもってるんだ。
                なにをやりなおすのか?

                それはもういちど、よくなっていくこと。
                ぼくのためにそんざいしてほしいんじゃない。

                ぼくは、きみがきれいなことをしってしまった。
                だから、それをあきらめたくないんだね。
                どんなにさきになっても。

                きみがひとりじゃないことを、あきらめたくないんだ。

                とどいているよね。
                きっと。
                posted by: naopi | 日々是 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) |

                ねがい

                0
                  ささのはさらさら
                  のきばにゆれる
                  おほしさまきらきら
                  きんぎんすなご

                  ごしきのたんざく
                  わたしがかいた
                  おほしさまきらきら
                  そらからみてる


                  もしも願いがひとつ叶うなら。
                  もういちどきみと、話がしたい。


                  もう何も望まないから。
                  ただもういちどきみと、ちゃんと話がしたい。
                  posted by: naopi | 日々是 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |

                  気になったよ。

                  0
                    きみにはなしたいこと。
                    きょうもたくさんあった。

                    きみにおしえてほしいこと。
                    きょうもいくつかあった。

                    きみはいま苦しくはないですか?
                    だいじょうぶですか?

                    みっかもつづけてゆめにでてきて。
                    なにかいいたそうで。

                    苦しくなければいいな。
                    そうおもった。

                    そとはとてもあついですね。
                    なつにまけないようにね。

                    きみは、苦しくはないですか?
                    苦しくはありませんように。
                    posted by: naopi | 日々是 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) |

                    ギフト

                    0
                      少し重い話です。

                      3月の半ばに。
                      完治の難しい病が発覚し、心配と迷惑をかけるからと、親しければ親しい人ほど強く連絡を遮断した友達。

                      lineも既読にしてくれず、本当にその後どうなったかも、どうしているのかも分からなくなって。
                      共通の友達と、なす術もなく悲しんでいたのです。

                      立て続けにそんなことが、他の友達ともあって。
                      4月〜5月の私はほんとに、泣きながら生きていた感じです。

                      昨日。
                      本当に久しぶりに、彼女から連絡が来たの。

                      関係が切れることと、連絡をとらないことは全くの別次元だよ。
                      何も変わらないから。

                      ばかだね、弱いね…って。
                      はっきり言うんです、昔から。
                      怒られてばかりだよ。
                      でもはっきり言ってくれるのは彼女しかいなかった。
                      いつでも。
                      どんなときも。

                      嬉しかったよ。
                      また話せたこと。

                      そして彼女は本当に強いと思う。
                      強いと思うとしか言えなくて、申し訳ないけど。

                      ごちゃごちゃな心を見せたくなくて。
                      連絡を断っていてくれた。
                      優しさだとわかってたけど哀しかった。

                      彼女の言うとおり。
                      私は弱い。
                      自分と人との境が分からなくなる時がある。
                      大好きなら大好きな分だけ。

                      どれだけ嬉しかったか。
                      何も変わらないという言葉が。

                      信じて待っていてよかった。
                      もう、二度と言葉を交わせないかと思った。

                      これから、病に向かわなきゃいけない彼女の、どれだけの力になれるかは分からない。きっと、一人で大丈夫って言う。

                      だけど。
                      いつも、そばにいるよ。
                      ひとりじゃないこと、伝えていたい。
                      バカでも、弱くても。

                      もう一人の。
                      今眼の前にいない大切な友達にも。
                      言ってあげたい。

                      何も変わらないよ。
                      何も、何ひとつも。

                      今日はセカムズロスなので。
                      ずっと「ギフト」を聴いてました。

                      久しぶりに聴きたくなったよ。



                      自分の弱さを知るたびに
                      あなたのぬくもりを知りました

                      この歌が響くようにと 届くようにと
                      飾らないそのままの思いを
                      僕がいつか誰かを
                      守る時が来れば
                      あなたの手を思い出すだろう

                      あなたは痛みや悲しみを決して
                      人に見せたりしないのに
                      僕の弱さを
                      自分の痛みかのように
                      小さく笑った

                      (ギフト 嵐)


                      2つぽちっと応援おねがいします。
                      いつもありがとう。



                      posted by: naopi | 日々是 | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) |

                      あさのあつこさん

                      0
                        Twitter徘徊していて目に止まったことばたち。
                        作家あさのあつこさんのことばたち。















                        そうさどんな、無様なことだってやるさ。
                        最後までちゃんと守るためにね。
                        絶対になかったことにはしないさ。

                        痛みを感じてみる。
                        ただ感じてみる。
                        痛みも悲しみも、消えることはない。
                        涙も、枯れることはない。
                        でも。
                        不思議とここから逃げたいなんて思わないのさ。
                        追い出して楽になりたいなんて思わないのさ。
                        不思議だろう?

                        傷付く前に傷付けてみて。
                        失う前に遠ざけてみて。
                        こっそり確かめる。
                        そして諦める。
                        繰り返し、繰り返す。
                        癖、癖、生き方。
                        そして結局自分が、うんと傷付く。
                        そんなのはもう終わり。

                        だから、どうしたのだろうか。
                        それで?それが?
                        どんなものだって受けて立つさ。
                        何も変わらないんだから。

                        ぜったいにきぼうをすてない。
                        ぼくたちは、ただの半端な時間は過ごしてないから。
                        posted by: naopi | 日々是 | 18:52 | comments(0) | trackbacks(0) |